ワキ脱毛によるブツブツを防ぐには

ワキの脱毛を繰り返しているとブツブツができることがありませんか。ブツブツがあると恥ずかしくて水着などを着ることをためらってしまうと思います。ブツブツの原因は間違った脱毛です。

 

毛抜きで無理に毛を抜くと、皮膚が傷ついて毛穴がふさがってしまうことがあります。毛穴がふさがれると毛が外に伸びることができず、埋没毛になってブツブツができます。切れないカミソリや間違った使用をすると、カミソリ負けを起こして毛包炎という赤いブツブツができます。これは傷ついた部位から菌が入ることで起こります。

 

皮脂や汗を放置していると白いブツブツや黒いブツブツができることがあります。白いブツブツは毛穴に皮脂がたまったもの、黒いブツブツは皮脂やメイク汚れが酸化して黒ずんだものです。制汗剤の多用は毛穴をふさいでブツブツを作ることがあります。

 

ワキのブツブツを防ぐには正しい方法でムダ毛処理することが大切です。

 

毛抜きをするときは無理に引き抜かないようにします。ホットタオルを当てて毛穴を開かせてから抜きましょう。カミソリは切れがよい新しいものを使用ます。ワキにローションを塗って肌を保護してから毛を剃ります。

 

ワキ脱毛後は肌が弱くなっているので、化粧水やクリームで保湿をしましょう。