脱毛の痛みについて

脱毛の痛みについてですが、なぜ脱毛は痛いと言われているのでしょうか。さらに痛くない脱毛と言う謳い文句も聞かれるので、痛みと効果は無関係なのでしょうか?

 

気になるところですが、まずは脱毛の仕組みをよく考えてみましょう。光脱毛は毛根部分にダメージを与える光をあてて、その発毛ができないくらいまで痛めつけるのが目的です。

 

脱毛の施術をするときはキレイに毛を処理したところに光をあてます。つまり生えているムダ毛ではなく、皮膚の下の毛根組織に光をあてるわけです。

 

ですから痛みを感じるということは脱毛の効果が出ているということなのです。さらに脱毛サロンに繰り返し通っているとだんだん痛みがなくなってきます。

 

それは毛根部分がすでに活発ではなくなり、発毛できなくなってきた証拠ということなのです。

 

最近では痛くない脱毛だとかティーンズにも大丈夫な脱毛だとか言われていますが、これはあてる光を弱くして痛みを軽減し、それを繰り返すことによって効果を出そうという仕組みなのです。

 

もちろんだますということではなく、回数で痛みをカバーするということなのです。痛みの感じかたは個人で違うので、脱毛サロンに通う場合はある程度の痛みはスルーするくらいの気持ちが必要です。

 

痛くない脱毛サロンランキング