色素沈着ができる原因

カミソリは費用が安くて手軽な脱毛方法です。手軽なので何度も自己処理をしがちですが、繰り返し脱毛をして色素沈着ができたことがありませんか。黒ずんだ肌を人に見せるのはためらわれますよね。でも、どうして色素沈着ができてしまうのでしょうか。

 

肌は外部の刺激を受けると肌を守るためにメラニンを生成します。カミソリで脱毛をすると、角質がはがれてしまい肌がダメージを受けます。剃るときの刺激もあり、メラニンの生成が促されて色素沈着になります。

 

カミソリで脱毛して肌がカサカサになった経験がありませんか。乾燥も色素沈着の原因です。乾燥肌はバリア機能が低下しており、外部の刺激を受けやすくなります。肌を守るために角質が厚くなり、皮膚が固くゴワゴワしてくすんだようになります。

 

繰り返し受ける刺激が色素沈着を作るので、カミソリでの脱毛は週に1回以上行わないようにしましょう。肌の生まれ変わりは約28日周期なので、理想は1か月に1回程度です。肌を休める時間を作ってあげましょう。体調が悪いときは肌が刺激を受けやすいので、体調が悪いときは脱毛を控えます。

 

脱毛後は乾燥しやすいので保湿ケアを入念に行います。特に脱毛後2〜3日は普段以上に保湿に力を入れましょう。乾燥を防ぐことで色素沈着の予防になります。